インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは歯を失ってしまった部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め入れて歯の支えとし、人工歯を被せて、見た目と機能面の両方を改善していく治療方法です。
インプラントは体に馴染みやすいとされるチタン製であり、顎の骨としっかり結合する性質を持っています。
また、人工歯に使用する「セラミック」は陶器製で、透明感のある自然な色を再現できます。
天然歯と同様の噛み心地をえたい方、見た目の美しさを求める方、まずはご相談ください。
患者様にインプラント治療が適しているか、詳しく診断させていただきます。

インプラント治療の流れ

STEP1

カウンセリング

歯を失ってしまった方、入れ歯やブリッジに不満のある方、まずはカウンセリングにお越しください。
患者様の歯のお悩みをしっかり伺いながら、インプラント治療について丁寧にご説明させていただきます。

STEP2

精密検査・治療計画の立案

患者様の口内の情報を詳しくえるため、口腔内写真・レントゲン撮影など各種必要な検査を受けていただきます。
その後、取得した情報を元に診査・診断を行い、細かな治療計画を立案していきます。

STEP3

インプラント埋め入れ手術

インプラントを埋め入れる外科手術を行います。
手術時間は、インプラントの埋め入れる本数や治療方法によって異なりますが、おおよそ1時間程度です。

STEP4

インプラントと歯の結合(治癒期間)

手術後は顎の骨とインプラントの結合を待つため、数ヵ月の治癒期間を設けます。
結合が確認されたら、インプラントにアバットメント(人工歯を固定する部品)を取り付けます。

STEP5

人工歯の制作・装着

仮歯にて歯の形状や噛み合わせを調整します。
その後セラミックの人工歯を制作し、インプラントに取り付けて、治療完了となります。

STEP6

メンテナンス

インプラントはメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎という歯周病となり、放置するとインプラントが脱落してしまうこともあります。
毎日の歯磨きに加え、定期的にメンテナンスを受けることが大切です。

他の治療との違い

入れ歯

入れ歯

ほとんどの方に適用できる、もっとも一般的で安全な治療方法です。歯のない部分に土台付きの人工歯を取り付けて歯を補います。

メリット

  • ほとんどの方に適応できるので、顎の骨が少ない方にもおすすめです。
  • 手術を必要としないため安全なうえ、比較的短期間に制作ができます。
  • 取り外しができ、衛生的です。

デメリット

  • 噛み心地に違和感があり、発音がしづらい場合があります。
  • 部分入れ歯に取り付けるバネに金属を使用すると、見た目が悪くなります。
  • 顎の骨がやせてしまった場合はその都度、調整や作り替えが必要です。

ブリッジ

ブリッジ

歯を1本または複数本失ってしまった場合、両側の天然歯を削って土台とし、連結させた人工歯を被せて、歯の機能を改善する治療方法です。

メリット

  • 固定式ですので、グラつきがなくしっかり噛めます。
  • 金属のバネなどがなく、自然な見た目です。
  • 保険内診療での治療ができます。

デメリット

  • 土台に使用する天然歯を削ることで、歯の寿命を縮めてしまいます。
  • 固定式ですので、歯肉との隙間に汚れが溜まりやすいです。
  • 支えに使用する天然歯がない場合は、適用外となります。

インプラント

インプラント

噛み心地がもっとも良く、見た目も美しいのがインプラント治療です。
顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め入れ、そのうえにセラミックの人工歯を被せて使用します。

メリット

  • インプラントが顎の骨と結合することにより、しっかり噛めます。
  • 1本からすべての歯に対しての治療が可能です。
  • セラミックの使用により、天然歯と同様の色調を再現できます。

デメリット

  • 保険外診療ですので、費用が高額です。
  • ほかの治療に比べて、長期間の治療となります。
  • 外科手術が必要ですので、患者様によっては適応できない場合があります。
すもと歯科クリニック
所在地 〒577-0004 大阪府東大阪市稲田新町3-9-64
フレスポ東大阪2F(ユニクロさんのとなり)
TEL 06-6746-6480
受付時間 月~水・金11:00~19:30/土・日・祝10:00~18:30
休診日 木曜日
※木曜日が祝日の場合は休診日は火曜日に振り替えます。
 
11:00~19:30
(最終受付19:00)
- - - -
10:00~18:30
(最終受付18:00)
- - - - -
  • 06-6746-6480
  • お問い合わせ